調達関連情報

JSW日本製鋼所は「素材とメカトロニクスの総合メーカー」として、世界のニーズに応える製品を供給するため、古くから外部との共同開発、共同製作に取り組んできました。優れた製品は私達JSWだけでは世に送り出すことはできません。社外調達を通じて必要な部材を適正な品質とコストで調達し、それらを有効に活用することこそが、よりよい製品を世界に供給し続ける原動力となります。規模や国内外を問わず、優秀で誠実な企業と、お取引を通じて共に健全な成長を続け、社会に求められる、必要とされる企業であり続けたいと考えています。

基本方針

当社では、以下の基本方針に基づき、調達先を国内外を問わず広く求めております。

  1. パートナーシップを大切にした公正な取引
    全てのお取引先とより良いパートナーシップを築き、共通の利益を分かち合いたいと考えます。
    お取引を頂くお取引先とは、国内外を問わず、オープンで公正かつ公平な観点に立って対応します。
  2. お取引先の選定
    お取引先の決定は、資材の仕様、品質・性能並びに価格、納期等のご提示条件、さらにお取引先の技術開発力、経営の信頼性等を総合的に評価し、適正な手続きによって行います。
  3. 相互理解と信頼関係を大切に
    お取引先との健全な関係且つ相互理解を深め、ご提供戴いた営業上、技術上の機密は厳格に管理し機密の保持に努めます。

原材料調達における社会問題への配慮

私たちJSWグループは、調達活動において、地域社会への影響に配慮します。特に人権・環境等の深刻な社会問題を引き起こす可能性のある原材料(※)の使用を回避するために、得意先や仕入先と協力して取組みます。

※例:コンゴ民主共和国及びその周辺国で産出され、その取引が武装勢力の資金源となっている鉱物

Attention to social issues when procuring raw materials

The JSW Group considers the impact of all its procurement activities on the local community. We work in partnership with suppliers and customers to avoid the usage of raw materials* that can interfere with human rights, the environment, or cause other serious social problems.

* For example: Minerals produced in the Democratic Republic of Congo and surrounding countries whose trade has become a source of funding for armed groups committing human rights violations.

各製作所の調達品目

室蘭製作所

室蘭製作所の調達品目をご覧いただけます。

お問い合わせ

調達品目は、当社各製作所によって異なりますので、右メニューから製作所別の調達品目をご確認の上、それぞれの連絡先までご連絡ください。各製作所の調達担当者から直接ご連絡を差し上げます。
当社の営業日の関係上、ご連絡が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。