環境への取組み

環境担当役員からの挨拶

取締役専務執行役員
渡邊 健二

当社の環境保全活動は1993年に環境方針を作成して以来、マネジメント委員会の設置、環境中期計画の策定、ISO14001の取得等の活動を推進してまいりました。
2013年にスタートした5ヵ年の第4次環境中期計画では、環境活動の対象範囲をグループ会社、海外拠点へも拡大してJSWグループ全体で中期計画の目標達成に向けて活動しております。
中でも省エネルギー対策と温暖化対策としてのCO2排出量削減が大きな課題と考えております。

「環境への取組み」のページを通じて、JSWグループの環境への考え方ならびに活動の成果と今後の取り組みをご紹介させていただきます。
当社の環境管理活動に対し、今後ともご理解ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

環境・社会報告書 バックナンバー

編集方針

この「環境への取組み」は、日本製鋼所がどのような考え方で事業活動を進めているか、また環境負荷を削減するための活動や社会的活動にどのように取り組んでいるかをわかりやすくまとめたものです。本報告書の作成にあたっては、環境省の「環境報告ガイドライン」および「環境会計ガイドライン」を参考にしています。

報告対象範囲

掲載内容は2016年4月1日~2017年3月31日を対象にしています。対象範囲は、株式会社日本製鋼所および関連会社を対象にしています。環境パフォーマンスに関するデータは、国内および国外の製作所ならびに子会社を対象としています。

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。