独創技術

当社は最大670tの鋼塊から一体製造することが可能で、世界最高の技術を有しています。

流体を粒の集合体として扱う粒子法を用い、ダイナミックな動きをシミュレーションする技術を開発しています。

可視化シリンダーを成形機に組み込み混練状態を直接観察することが可能になり、お客様の課題解決に役立っています。

1989年に自社開発サーボアンプを搭載した電動射出成形機を上市して以来、当社はプラスチック成形業界をリードしてまいりました。

更に日本製鋼所の技術について知りたい方へ

技術情報