ボルトテンショナー

当社では、原子力発電用圧力容器の開閉に使用する全自動式のボルトテンショナから小型の汎用テンショナまで多くの種類のボルトテンショナを製造しております。

特長

【原子力発電用ボルトテンショナ】
このボルトテンショナは、原子炉圧力容器(R/V)開放・復旧の際に スタッドボルトを緩めたり、締めたりする際 に用いる装置です。
現在、日本国内の51基の原子力発電所で当社製ボルトテンショナが使用されています。
当社ボルトテンショナは多くの特徴を有しております。
・全自動による安全な運転
 a) 運転室からの遠隔操作で被爆量軽減
 b) 位置決めナット締め作業者が不要
・少人数運用体制が可能
・便利なモニター画面
 テンショニング状況をリアルタイム表示、伸び量測定値を随時表示、印刷可能
・万一の故障発生でも柔軟にテンショナ指定変更可能
・保守整備:次世代シーケンサの搭載で修理期間を短縮

【汎用ボルトテンショナ】
汎用テンショナは、コンパクト型NTCシリーズを中核として、非常に多品種の納入実績があります。 
当社の汎用テンショナは、原子力二次系を中心にして、ニーズにあった装置・システムを設計製造しています。
サイズ・能力のみならず、配管系統にあわせた、個別設計にも対応しています。