電動MuCell®射出成形機

mucell1.jpg

MuCell®Technology

MuCell®テクノロジーとは超臨界状態の二酸化炭素や窒素を樹脂と混ぜ合わせることで、微細な発泡状態(発泡セルの大きさは平均100ミクロン以下)のプラスチックを作り、成形するプロセス技術であり、トレクセル社が特許実施権を所有しています。
本技術は広い範囲の射出成形品に応用でき、製品の軽量化、サイクルタイムの短縮により成形品のコストを大幅に低減できるだけでなく、プラスチックの流動性の向上、型締力・射出圧力の低減、低温成形、成形サイクルの短縮、成形品のひけ・そりの改善等が実現できる画期的な技術として注目されています。
本技術は化学発泡剤やフロン類を利用しない環境にやさしいプロセス技術であると共に、従来の発泡プロセスより広範囲の材料を取り扱うことが可能であり、発泡材が不適当とされた製品への応用、従来の発泡技術ではうまく発泡しなかった材料での発泡を可能にし、強く・軽い射出成形品の応用範囲を広げます。

MuCell®技術の使用には、SCF供給装置(特許実施権含む)の購入契約が必要となります。
詳細につきましては、トレクセルジャパン株式会社 (東京都品川区大崎1-6-4, Tel 03-6417-0072)までご連絡お願い致します

 

事例1:マニホールドガスケット

mucell2.jpg

  • DuPont製 33%ガラス繊維入りナイロン66
  • 公称肉厚2.9mm 薄肉部0.76mm
  • サイクルタイム短縮(MuCell®成形は固化時間を66%短縮)
    従来:18秒
    MuCell®:6秒
  • 型締力低減(73%低減)
    従来成形:150Tons
    MuCell®成形:40Tons
  • 軽量化
    各種プロセスにより5~20%軽量化

事例2:ICトレイ

mucell3.jpg
ICトレイの性能を維持し軽量化10%とそりを低減15%カーボン入りPP

mucell4.jpg
Solid

mucell5.jpg
MuCell®

関連リンク

 

製品トップへ