プラスチック成形用金型鋼  NPDシリーズ

特徴・特性

  1. プリハードン鋼のため熱処理不要
  2. 清浄度が高く磨き性に優れています
  3. 大型製品に対応できます(極厚品中心部の硬さ低下が非常に少ない)
ブランド名 被削性 鏡面性 溶接性 フレームハード性 大型対応 耐磨耗性 耐食性
NPD2
NPD10

 

ブランド名 機械的特性(引張特性:常温) 物理的性質 硬さ
Y.S.
(N/mm2)
T.S.
 (N/mm2)
EL.
  (%)
R.A.
(%)
熱膨張係数
 (10-6/℃,100℃)
熱伝導率
(W/(m・K),20℃)
NPD2 395 735 25 50 11.3 43 28/32HS
NPD10 867 1020 20 59 12.4 37 28/32HRC

 【被削性】

均一な硬さ分布により、優れた被削性能を示します。

kougu_npd1.jpg

【断面硬さ分布】

最適な熱処理により、肉厚中心部までの均一な硬さを有し、良好な被削性を示します。

kougu_npd2.jpg

【窒化特性】

NPD2は700HV以上、NPD10は900HV以上の表層硬さが入ります。

kougu_npd3.jpg

【溶接性】

熱影響(HAZ)の硬さ上昇が低く、優れた溶接性を示します。

kougu_npd4.jpg

 

製品トップへ