チクソモールディング射出成形の技術

ロングノズル

ホットランナ技術で蓄積した誘導加熱技術を成形機のノズルへ展開しました。さらにノズル構造を変更し長尺化することによって、スプル/ランナの容積を減少させ材料歩留まりを向上させるロングノズルを開発しました。

ロングノズルの構造

mg01_01_001.gif

通常ノズル

mg01_01_002.gif

ロングノズル

ロングノズルの特長

  • 材料歩留まりの向上
    • 携帯電話2個取りでコールドランナ12%→ロングノズル23%
  • 成形サイクルの短縮
    • ショット重量の減少による計量時間の短縮が可能となります。
  • 成形品品質の安定化
    • 流動長が伸びるため、製品末端部までMgが充填します。

mg01_01_004.jpg

ショット重量:114.3g

mg01_01_005.jpg

ショット重量:60.9g

製品トップへ