石油精製用圧力容器

優れた鍛造技術を活かした超大型圧力容器。

当社の石油精製圧力容器は、原油からガソリンや重油、ジェット燃料などを分別するための装置で、石油精製の過程には欠かせない機器です。圧力容器の中には、触媒という特別な物質が詰められ、その触媒と原油とが圧力容器中で反応することで、原油が分解され、不純物が取り除かれます。

特長

原油には色々な種類があります。

特に冷えると固まってしまう程の重たい原油(重質油)は、高い圧力と温度をかけないと分解できず、精製の為にはそれだけ丈夫な圧力容器が必要となります。こうなると圧力容器の壁が厚くないと耐えられません。

当社は、この重たい原油を処理するための、頑丈で壁が厚い圧力容器の製造を得意としています。近年では、圧力容器の壁を薄くしても耐えられるような、より高強度の合金材料も開発しています。

また、材料製造から組立溶接までの一貫した生産体制と品質保証体制を有す点にも特長があります。

関連リンク