JSWの未来と仕事

受け継がれる“ものづくりのDNA”

JSWの未来と仕事

JSWの未来と仕事  JSWは、日露戦争後の1907年に兵器の国産化を目的として、日本と英国の合弁事業により北海道室蘭の地で創業しました。これまでの100有余年に渡る歴史においては、戦後の民需品への転換と海外からの技術導入による技術基盤確立の時代、その後の輸出拡大による成長の時代、或いは厳しい時代等があり、それらを経て今日に至っています。

 この長い歴史の中で、産業構造の転換や大きな事業環境の変化に幾度となく直面しました。それでも当社は伝統を重視・継承しつつ、グローバル市場での競争に勝ち残るために、ひたむきに革新を図り、お客様の要望にあった製品・サービスを提供し続けることで社業を発展させて参りました。創業当時から長い時間を経て根づいた“ものづくりのDNA”は、当社の企業価値の根幹をなし、優れた製品に結実しています。

JSWの未来と仕事 JSWの未来と仕事  現在の事業領域は、電力・石油・ガス関連の「素形材・エネルギー事業」と合成樹脂の製造・加工機械やIT機器等の「産業機械事業」からなります。当社の製品は主に企業向けであるため、日常生活で目に触れる機会は少ないですが、それら製品を通して生み出されるエネルギーや、多種多様な製品は、社会インフラや私たちの暮らしを支えています。

 縁の下の力持ちとして、大きく、力強く社会に貢献してきた私たちJSWの仕事は、今後も変わらず私たちの誇りであり続けます。

 世界を舞台にJSWがどのような役割を担っているのか、是非ともご覧ください。

  • 事業内容
  • JSWのビジョン
JSWの未来と仕事
事業内容
素形材・エネルギー事業
産業機械事業
製造拠点にCLOSE UP
JSWのビジョン
ページトップへ