先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー

大学で外国語を学んだことから、グローバルをキーワードに就職活動を行う。日本製鋼所に関しては、就活サイトで初めて知ったとのこと。海外業務にも挑戦できる上に、若手に仕事を任せる風土に魅力を感じて入社に至る。

志望のきっかけは、大学時代に勉強したポルトガル語

 私は大学でポルトガル語を学び、ポルトガル語を公用語にしているブラジルの勉強もしました。その中でブラジルが世界有数の資源国であることを知り、いつしか素材を扱う仕事に興味を持つように。だから就職活動の際にも、素材+海外業務に絞り、主に鉄鋼系の会社を中心にアプローチしました。

 日本製鋼所の存在を知ったのは就活サイトで、“鋼”という言葉が目に止まったから。実際に説明会に参加したところ、私が興味を持っていた鉄鋼分野において業界トップクラスの実績があり、事業の海外比率も高い。この会社でなら、やりたい仕事にチャレンジできるのではないか?そんな希望を持てたため、ぜひ日本製鋼所の一員になりたいと思いました。また、会社説明会の後に行われた座談会で、人事担当者から「若手にどんどん仕事を任せる風土がある会社」と言われたこともポイントに。やはり、やりがいをもって働くには、仕事内容のみならず、環境面も大切だと思いました。

国内営業、新人指導…いまは夢の実現に向けた準備期間です

 現在は国内の大手重電メーカーに対し、発電設備に組み込まれる鉄鋼材料を販売する営業活動を行っています。営業を通じて学んでいることは、一にも二にも信頼関係づくりですね。受注から納品までをスムーズに行うためには、自社工場、お客様など、さまざまな立場の人たちへの配慮が大切。それと、周りに助けてもらってばかりでは、人として信頼は得られません。肝心な時に助けてもらえるように、「ギブアンドテイク」の精神も学んでいます。やはり、コミュニケーション力を磨かなければ、国内はもとより、言葉も文化も異なる海外ではなおさら通用しない。いまの経験は必ず将来につながると思っています。

 また、後輩の育成も私の重要テーマです。昨年より初めて新入社員を預かり、指導業務も行っています。今後、自分が新しい領域の仕事にチャレンジするためには、私の次に続く戦力を育てることが不可欠。将来に向けて、まだまだやるべきことは沢山ありますね。

ゆくゆくは海外事務所で、自分の力を試してみたい

 現在は国内の営業を担当していますが、「海外業務にチャレンジしたい!」という入社当初の夢は変わっていません。現在会社としては、アメリカ、ドイツ、シンガポールなどに海外事務所を展開しているので、ゆくゆくは海外事務所で働いてみたいです。当社には、自分のキャリアパスのアピールなどができる「自己申告制度」がありますが、もしブラジルに事務所ができたら絶対に手を挙げると思います。そうは言うものの、海外事務所で活躍するためには、まだまだ勉強が必要です。世界経済に対する理解はもちろんのこと、海外の小さな事務所を運営するとなれば、今まで以上に会計知識も求められるはずです。

 入社して約10年営業を経験してきましたが、「製造プロセスではどんなコストが掛かっているのか?」「すべての数字が経理上でどのように処理されているのか?」など、全体的な視野から数字を見る力は十分とは言えません。いざそのチャンスが来た時に対応できるよう、しっかりと準備したいと思います。

  • 事務職
  • 技術職
  • 女性社員ページ
社員を知る
事務職
坂爪 貴彦
水口 加奈子
井澤 正輝
村岡 泰貴
技術職
瀧本 森
生方 貴
岩村 真
女性社員座談会
女性活躍の支援制度
ページトップへ