先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー

合同企業説明会で、「高い技術力で全世界で戦ってゆく」という当社の姿勢を当時の人事担当者が熱くプレゼンしている姿を見た際、「自分も海外に挑戦できるかもしれない」という可能性を感じ、応募・入社に至る。

「クラッド鋼管」のモノづくり工程全般を担当

 「クラッド鋼管」とは天然ガスを送るパイプラインに使われる製品であり、私はエンジニアとしてモノづくりの業務に従事しています。仕事をもう少し具体的に説明しますと、製造仕様の検討、仕様書・図面作成、製造部門への作業依頼、お客様対応、工場の全体管理など、担当の製品に関して、引き合いの段階から出荷まで、製造工程に深く関わっています。

 私が最も時間を割いている工程が、仕様書・図面といった書類の作成です。いかに正確かつ、伝わりやすい書類を作成するか。そして、しっかりとした書類を作成するために、お客様のオーダーを正しく理解するかが重要になってきます。自分が作成した仕様書・図面・指示書などに基づき、何百・何千という数の製品が製造されます。一つでも間違いがあると、すべてが間違ったモノになってしまうだけに、念には念をいれて、丁寧に書類づくりを行うことを心がけています。

世界中をフィールドに仕事ができるやりがい

 クラッド鋼管の納入先は、世界中のエネルギー開発会社やパイプラインの建設会社です。世界中の国々のお客様と直接顔を合わせて議論し、お客様と製造部門の橋渡し的な存在になれることは、私自身のやりがいの一つとなっています。製品を出荷後、「大変品質の良い製品でした、ありがとう」とお客様から直々に感謝の言葉をいただけた時には、難しいプロジェクトであったとしても非常にうれしい気持ちになります。

 これまで最も印象に残っている経験は、お客様のご厚意により、船上2週間にわたってノルウェーの北海でのパイプライン敷設を見学できたことです。北海向けにパイプを納入した工事において、陸上での準備作業から海上での敷設作業まで、一連の作業を見ることで、製品が出荷後にどのように使われているのかが明確にイメージすることができました。建設現場を直接見るチャンスはそうそうないため、設計サイドの観点からも勉強になりました。

エンジニアとして、着実に製品を発展させていきたい

 私は「顧客に驚きと感動を与え続ける」という企業理念に、とても共感を覚えています。なぜなら、お客様に喜んでいただくためには、製品の絶え間ない進化が必要だと思うからです。世界のパイプラインは、水深がどんどん深まることによって、使用環境が過酷になってきている傾向があります。そういった背景の中で、前回の工事、今回の工事と同じクオリティの仕事をしているだけでは進化がありません。検討と改善のサイクルを繰り返し、常にお客様から感謝される仕事を続けていく。それによって着実に製品を発展させ、将来的には超一流の鋼管製造メーカーとして世界での地位を盤石にする。これが私が描いている目標です。

 そのためには、目の前にある仕事に真摯に取り組むことはもちろんのこと、エンジニアとして、ビジネスパーソンとして、まだまだ自己研鑽しなければなりません。世界と互角に渡り合うためには、語学力を磨いたり、技術知識の幅を広げることも必要になってくるでしょう。これから着手したいと思うことは増えるばかりです。

  • 事務職
  • 技術職
  • 女性社員ページ
社員を知る
事務職
坂爪 貴彦
水口 加奈子
井澤 正輝
村岡 泰貴
技術職
瀧本 森
生方 貴
岩村 真
女性社員座談会
女性活躍の支援制度
ページトップへ