先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー

学生時代は材料工学を学んだことから研究開発を志望するも、世界で一番大きい鋼塊をつくれる室蘭製作所を見学した際に、スケールの大きさに感動し「製造現場」に近い業務に興味を抱くように。室蘭で働きたいと思い、入社に至る。

製鋼工場の技術改善を目的とした業務を担当

 私は日本製鋼所が手掛ける製品の元となる鋼塊を製造する製鋼工場を対象に、品質向上、省エネルギーを目的として、プロセス上における課題抽出および技術改善を推進する事が主な業務です。現場と綿密に意思疎通を図り、様々な意見・アイデアをぶつけ合い軌道修正しながら顧客の要求を満足する鋼塊を共につくり上げていく。その要求は多岐に渡りますが、非常に変化に富んだ醍醐味あふれる職場だと思っています。

世界最大670トン鋼塊の製造

 印象に残っているエピソードは、世界各国で建設される発電所の高出力化に合わせて日本製鋼所にしか作れない世界最大の600トン鋼塊を670トン鋼塊に拡大するプロジェクトです。1955年の75トン鋼塊に始まり30年掛けて600トン鋼塊までの大型化してきた歴史の中で「更なる鋼塊の大型化」に立ち会えた事は非常に光栄な事で身の引き締まる思いでした。

 600トン鋼塊はビル2階分を超える非常に大きな鋼塊であり、スクラップの溶解から鋳造まで丸1日を要します。大型化に伴って成分偏析、非金属介在物及び微小な空隙が不可避的に増加する事から600トン鋼塊と同等の内部性状の鋼塊を製造する事は非常に難しい課題でした。これらの課題に対して関係各課と協力しあい、クレーンの使い方から現場作業の流れなどの製造プロセスの検討、計画書作成と様々な苦労を経験したからこそ、鋳型から吊り上げられた鋼塊を見た時は言葉では言い表せない感動を覚えました。

先入観や経験に囚われず、変えるべき部分は変えていきたい

 入社から時が経過すると、様々な経験に囚われて「できれば変えたくない」という心情になってしまいがちです。しかし、現状に満足してしまった瞬間に進化は止まってしまいます。だから私は現状に満足はせず「変えるべきことは変える」というスタンスを貫きたいと思っています。

 これから着手していきたいテーマは、たくさんあります。他部門と連携しながら日本製鋼所を取り巻く外部環境に常にアンテナを張り、顧客ニーズに対応した技術改善を優先して取り組んでいきたいと考えています。また、団塊世代の定年退職が進み若い世代主体の職場へと変化している今、技能・技術の伝承も重要ですが、製造現場の組織力強化も重要テーマであると認識しています。これからも、製鋼工場を管轄する立場の一人として様々な課題に積極的に取り組んでいきます。

  • 事務職
  • 技術職
  • 女性社員ページ
社員を知る
事務職
坂爪 貴彦
水口 加奈子
井澤 正輝
村岡 泰貴
技術職
瀧本 森
生方 貴
岩村 真
女性社員座談会
女性活躍の支援制度
ページトップへ