2020年7月31日

株式会社日本製鋼所

 

弊社従業員の新型コロナウイルス感染についてのお知らせ

 

 この度、弊社の広島製作所(広島市安芸区)に勤務する従業員1名が、PCR検査の結果、新型コロナウイルスに感染していることが7月30日(木)に判明いたしました。当該従業員は、7月29日(水)以降出社しておらず、現在医療機関に入院しておりますが、容態は安定しております。

 

 現在、所管保健所と連携を図りながら、感染経路の調査、濃厚接触者の特定、当該従業員の行動履歴の確認、消毒などの必要な処置を行っております。また、製作所内の密閉空間・密集場所・密接場面回避の徹底、出張の制限など、感染拡大防止に向けた対策を強化しております。

 

 地域の皆様、及びお取引先様をはじめとする関係者の方々に多大なるご心配をお掛けしております事、心よりお詫び申し上げます。引き続き、行政機関等と連携し、感染予防対策の徹底に努めてまいります。

 

【2020年 8月3日 補足】
 上記につき、その後、感染者の行動履歴から濃厚接触者は特定されており、PCR検査の結果、陰性であることが確認されております。
なお、濃厚接触者については所管保健所の指示により、引き続き所定期間を自宅などで待機としております。
また、専門業者により職場等の消毒は完了しております。