特長

クロスヘッド

各種成形方法にあわせて、連続方式、アキュームレータ方式の単層・多層クロスヘッドを製作致します。
ヘッド内流路は、コンパクト化、省エネ、パリソン偏肉均一化のため、スパライル形状を採用しております。

多層クロスヘッドによる自動車用燃料タンクの層構成(一例)
拡大
多層クロスヘッドによる自動車用燃料タンクの層構成(一例)

型締装置

型締力40Ton~150Tonまで各成形品にあわせた中・大型ブロー成形機を製作致します。また、省エネ・高速成形に対応するため、油圧+電動、オール電動の成形機もラインナップに揃えております。

ハイサイクル成形

低温高吐出スクリュ、エア冷却システム等により、ハイサイクル成形を実現しています。

内蔵部品一体成形

シップインボトル成形・ツインシート成形の二つの工法による内蔵部品一体成形が可能です。
ハイブリット車用の耐高圧燃料タンクの成形等において、揺動音低減・ガソリン透過量低減に貢献しています。

内蔵部品一体成形による燃料タンク
拡大
内蔵部品一体成形による燃料タンク

① シップインボトル成形

②ツインシート成形

ダイスライド肉厚調整装置

フィラーパイプの円周方向の肉厚を調整することが可能です。

機械稼働モニタリングシステム

機械稼働の見える化により、生産性向上に貢献します。

①リモート対応:遠隔監視

遠隔地のプログラムの閲覧および機械稼働情報の確認が可能です。

②マシンカルテ機能:予防保全

メンテンナンスアラーム等による状態把握が可能です。

③データロガー機能:トレーサビリティ

主要データの記録やログデータなどによる機械挙動の認識が可能です。