背景
 

プラスチック製造プロセスにおいて、従来はポリマーの造粒、コンパウンド、成形と個々の分野に分別され、それぞれ個別の機能を持った機械が用いられてきました。しかし、近年、製造工程を合理化し、製品のコストダウンを図ることにより、市場競争力のある製品を製造することが急務となっています。そこで、従来個々の分野に使用していた機械を改良し、各機能を統合させ機械性能を向上させることが望まれています。本インライン...