ニュース

Japan Steel Works Europe GmbH、PMMA(ポリメチルメタクリレート)
廃棄物のリサイクルプロセスをMMAtwoコンソーシアムと共同開発

2018年12月25日

日本製鋼所グループは、環境や資源・エネルギー問題を解決し、持続可能な社会の実現を目指しています。この取り組みの一つとして、この度、当社の欧州子会社であるJapan Steel Works Europe GmbHが2018年10月25日から始まったMMAtwo(マトゥー)コンソーシアムに参加します。MMAtwoはPMMA廃棄物を解重合して原材料へとリサイクルするEUのプロジェクトで、Japan Steel Works Europe GmbHはこのプロジェクトにおける二軸押出機を活用したコアテクノロジーの提供者となります。

mmatwo.jpg

プロジェクト

2018年10月1日に発足したMMAtwoコンソーシアムは、自動車のテールランプ用レンズ、食卓容器、照明板、水槽プレート、コンタクトレンズなどに使用されるPMMAの使用済み廃棄物の解重合による新規かつ革新的なリサイクルプロセスを開発し、プロジェクトの終わり(2022年)には最初の商業設備を建設することを目指しています。

この4年間のプロジェクトでは、PMMAに関するあらゆる分野を代表する、6ヶ国・13のパートナーにより構成され、科学的卓越性・産業上の優位性・社会問題の3つの優先事項に焦点を当てたEUの研究とイノベーションプログラムHorizon 2020より6.6億ユーロの資金援助を受け運営されます。

MMAtwoは、オランダのPMMA廃棄物回収業者およびリサイクル業者であるHEATHLANDの呼びかけで始まり、Arkema(Jean-Luc Dubois、サイエンティフィックダイレクター)が議長を務める実行委員会によって運営されています。すべてのパートナー出席の下、本プロジェクトのキックオフ・ミーティングが10月25日(木) ブリュッセルで開催されました。

挑戦

このプロジェクトの課題は、PMMA製造時のスクラップや製品使用後の廃棄物を高い品質の原材料にリサイクルし、循環経済に貢献することです。

PMMAは、元の原料であるモノマーに戻すことができ、そこから再び新しい製品の製造に使用することができるユニークな特徴を持つため、理想的な循環型のプラスチック材料と言えます。

現在EU内にてPMMAはわずか10%しかリサイクルされておらず、既存のリサイクルプロセスは各種製品を製造する際に発生する廃棄物のリサイクルに重点が置かれがちです。しかし、PMMA廃棄物は製品としての目的を果たした後に発生するものが大多数を占め、現在のところスクラップ品として輸出、埋め立て、または焼却されているのが実情です。