名機製作所とは

名機製作所は、製造業が盛んな愛知県で、1933年に「合資会社
名機製作所」として操業を開始しました。1942年には日本初と
なるプラスチック射出成形機を開発、その翌年には同じく初の
国産ホットプレス機をリリースするなど、国内外の産業界に
貢献してきました。

名機製作所は、「特殊機」や「専用機」に特化した高度な専門技
術で、多様化するお客様のニーズに対応しています。

 

操業開始:1933年(昭和8年)

工場敷地:約72,000㎡

従業員数:約180名

主な製品

対向多色射出成形機
拡大
対向多色射出成形機
真空ダイアフラム式ラミネータ
拡大
真空ダイアフラム式ラミネータ
プリント配線板用プレス(ホットプレス)
拡大
プリント配線板用プレス(ホットプレス)

製品が完成するまで

名機製作所の注目ポイント

名機製作所では、機械まるごと1台を製造しているため自社内で機械の組み上がる工程を見ながら設計を行う事ができます。

基本は、図面作成や製造現場への作業指示等のデスクワークが主ですが、机に向かうだけではなく、実際の機械を見て、製造現場の作業者の声にも耳を傾けることでデスクワークだけでは分からない問題点や課題を発見することができるため、より良い機械の改善や設計を行える環境が広がっています。
 

主な設備

西工場(大型工場)
拡大
西工場(大型工場)