マルチ2はありません

産業機械事業部

樹脂製造機械販売部 造粒機グループ

海外メーカーに向け、石油化学プラント用の産業機械を販売

私は樹脂製造機械販売部にて、石油化学プラントで使われる「造粒機」という産業機械の営業を行っています。簡単に説明すると、造粒機とは粉体状/溶融状のプラスチック原料を粒状のペレットにする機械のこと。石油化学プラントでは原油などからプラスチックの原料などが生成されますが、その際には必ず造粒機が必要になってきます。取引先は中国や北米など、石油やガスなどがとれる国々の石油・化学メーカーであり、私はメーカーに向けた製品のPR活動や見積もり作成をはじめ、商談から受注、納品確認から現地工事の指導員派遣調整までを行っています。

 

実は大型の造粒機を製造できる企業は世界でも主に3社。3社で世界マーケットを3分割している中、私は造粒機を販売するグループの管理職として、シェア・売上の獲得を担っています。造粒機は1機あたり10億円を超える大型機もざらで、1機1機の受注が全社の業績に甚大な影響をもたらす製品。そういった意味で、非常に大きな責任を預かっていると言えます。

受注が決まった際の達成感こそが、一番のやりがい

実は大型造粒機を受注・生産できるのは、プロセスオーナーの認証を受けた企業だけであり、年間でも世界でせいぜい数十機程度と大量に販売できる製品ではありません。それだけに、1機受注することで得られる業績インパクトは計り知れないと言えます。1機受注するまでには、お客様にわかりやすく魅力を伝える製品PRのクオリティはもちろんのこと、自社の設計エンジニアと連携し、コミュニケーションを図りながら商談に向かうチーム営業がカギとなります。

 

また、今までにない大きさの機械など、実績がない機械については提案・プレゼンの仕方にも工夫が求められることも。当社には過去の実績が豊富にあるため、成功事例を出しながら提案するケースも多々あります。そうした工夫を重ねることで、石油化学プラントの建設計画の情報キャッチからスタートし、迅速かつ確実に仕様策定・スケジューリングに落とし込み、受注にいたった際には、営業としても大きな達成感を覚えます。

世界視野で、製品の大型化をリードする存在であり続けたい

当社の産業機械部門は、いま成長真っ盛りの分野であり、私が担当している造粒機も会社の根幹製品の一つとして大きな期待をかけられています。今後も当製品の販売を任されている立場として、世界シェアをしっかりとキープしながら、自社の根幹製品であり続ける営業活動を行っていきたいと思っています。世界に目を向けると、まだまだ製品ニーズがあることは間違いありません。地域に合わせた掘り起こし営業・提案活動により、マーケットの裾野拡大に貢献することも重要テーマとなっていくでしょう。

 

そして私が最も意識している目標が、自らの活動を通じて、造粒機の“大型化”をリードする会社になることです。造粒機は大量生産・効率化をテーマに、大型化の流れになってきています。「これだけ大きな造粒機は日本製鋼所さんでしかつくれない」―。そんな風に世界の石油化学メーカーから評価されるよう、日々製品の進化に取り組んでいく。これから着手すべき課題は、尽きることがありません。

06:30

起床

08:30

出社

09:00

始業

メールをチェックして、当日の業務の確認を行う

09:30

グループ内ミーティング…担当業務の進捗報告と情報共有

11:00

メール業務

11:30

部内ミーティング…各グループの業績報告と情報共有

12:00

ランチ

12:50

社内会議

14:30

社内用資料作成

15:30

メール業務

17:00

海外顧客とのウェブ会議

18:00

メール業務

18:30

退社

帰宅後の
過ごし方

入浴/夕食

1999年

入社

入社後、本社及び各製作所での研修を経て、本社産業機械販売部流体機械グループに配属、流体機械・食品機械の営業を担当。

2003年

異動

本社樹脂製造機械販売部サービスグループへ異動、樹脂機械のアフターサービス営業を担当。

2006年

異動

本社樹脂製造機械販売部造粒機グループへ異動、造粒機本体営業を担当。

 

転勤

米国子会社(ヒューストン)に転勤、機械製品の営業・調達業務等を担当。

2008年

転勤

米国子会社(デトロイト)に転勤、機械製品の営業・調達業務等を担当。

2011年

転勤

本社に転勤、樹脂製造機械販売部サービスグループへ異動、樹脂機械のアフターサービス営業を担当。

 

異動

本社樹脂製造機械販売部造粒機グループへ異動、造粒機本体営業を担当。