マルチ2はありません

広島製作所 総務部

経理グループ

(事業所採用・広島製作所)

 

経営活動に直結する日々の業務に携わる責任

私は広島製作所の経理に携わっており、お金の調達や支払い等、会社の資金を管理する「財務」と、製品の損益を管理・分析して経営に役立てる「管理会計」の2つの業務を担っています。もともと興味のあった経理職ですが、当社製品の損益管理や経営活動に直結する重要な資料を作成できることに充実感を感じています。また、特定の部門に限らず、製作所全体の様子を把握できることで、幅広い知識を身に付けられることも面白さの一つです。その分責任も重いため、新入社員のときにベテランの方から「やってはいけないこと(常識)を覚えること」、「習って高める(常に勉強し続ける)こと」を教えてもらいました。この2つは頭にいれて日々の業務に取り組んでいます。経理は常に客観的な立場から業務を行う必要があるとともに、出てきた結果(数字)をいかにわかりやすく提示できるかも重要な使命です。日々数字を見ているからこそイレギュラーに気付くことができ、他部署の方にアドバイスできることは経理のカッコよさだと思っています。

 

しかし、今の私はまだまだ経理の人間として未熟であり、学ぶことがたくさんあると思っています。大学で多少会計の知識を身に付けているつもりでしたが、会社では法律や社内規定を念頭に置いておく必要もあり、入社してから勉強の毎日です。なかなか理解できず、よく悔しい思いもしていますが、そんな時先輩方はわかるまで根気強く教えてくれるので、本当に心の支えになっています。

 

いずれは様々な問い合わせや問題に対して自分の力で対応できるよう、これからも努力し続けることが大事であると感じています。

地元広島で長く勤務し、経理の仕事がしたい

私は大学時代に経営学や会計学を勉強していたこともあり、漠然と大学で学んだ会計の知識を社会人となってからも活かしていきたいと考えていました。そして地元である広島で長く勤めることを就職の軸としていました。経営学や会計学を活かすにあたっては、「経理」に関する仕事に就く可能性があるところを探しました。但し、経理の仕事ができればどこでもいいと思っていたわけではありません。就職活動を進めていく中で、自分自身が会社の事業に興味を持てるかが重要であるとも考えていました。

 

私は大学のキャリアセンターをよく使っていたのですが、そこで勧められたのが当社でした。自分なりに会社について調べ、興味を持ち、工場見学に申し込みました。この工場見学で、広島製作所の素材づくり(鋳造など)から製品の組立工程まで一貫して製造しているという強みを実感し、当社で工場の経理に携わりたいという思いが強くなり志望しました。自分の業界研究だけで気付けなかった会社を知ることができ、今でもキャリアセンターの方々には感謝しています。

 

これはよく先輩方も話されているのですが、採用面接を経て実際に新社会人として入社するときには、工場勤務と会社名から「お堅い」イメージを持っていました。しかし実際には年齢の近い先輩方も多く、若手の意見を積極的に取り入れてくれる会社であり、入社前の想像とは一番違ったなあと感じる部分です。そして当社の良さは長い歴史を持ちながらも「老舗」に甘んじることなくお客様のニーズに応えるよう常に変化を求め続けているところだと思っています。皆さんも産業の根底を支える「産業機械」の製造販売をする当社の一員として働きながら、自分自身も成長してみませんか。

06:45

起床

07:30

朝食、支度

8:15

出社

8:30

始業

メールチェック、当日業務の確認

9:00

担当部門の損益分析

11:00

報告資料の作成

12:00

昼休憩

13:00

取引先への振込処理

15:00

社内からの問い合わせ対応

17:15

定時

17:30

残務整理

18:00

退社

19:00

夕食作りやテレビで野球観戦

2018年

入社

入社後広島製作所の総務部経理グループに配属

樹脂機械の損益管理を担当

2020年

担当変更

射出成形機の損益管理に変更、貸借対照表の作成に携わる