マルチ2はありません

広島製作所 樹脂加工機械部
樹脂加工機械技術グループ

押出機の設計業務を担当、現場の声が励み

フィルムシート装置の上流に当たり、樹脂を溶かしながら押し出す“押出機”の設計業務に携わっています。ただ、装置の設計業務と言っても、実際に図面を描いているわけではありません。お客様から引き合いがあった際の見積作成や、お客様が要求する仕様に合わせてどのような構造にするのかを決める仕様策定、出来上がった図面の確認、部品の手配などを行っています。

 

組立場は当社の敷地内にあります。現場に足を運び、自分が携わった製品の組立状態を確認できた時、またそこで現場の方から「改善されていた」などと声をかけていただいた時は充実した気持ちになります。

私の仕事観は“やればやった分だけ自分に返ってくる”“失敗を恐れず挑戦すること”。この言葉は、自分が仕事に対して取り組む姿勢はこのままで良いのかと、ふと思った時に耳にし、自分を見直す良いきっかけになりました。自信をつけてくれた言葉です。

部署間の調整力、意思疎通力が求められる

就職活動は、ものづくりに携わる仕事を希望していたことから、製造業の会社を中心に回りました。当時は、リーマン・ショックが発生した翌年。大学内でもなかなか内定者が出ない状況にありました。大学の先生に相談したところ、当社が製造業の中でもとても良い会社であると熱心に薦めていただき、それがきっかけで志望し、入社に至りました。面接では、受け答えを重視している印象がありました。1つの製品ができるまでには、多くの部署が関わるため、部署間の調整力や円滑な意思疎通が求められます。面接ではそうした力を見られていると感じました。

 

当社の製品は日常生活において人目につかない製品が多いため、入社前はどのような製品に携わりどのような仕事をするのか想像できず、期待と不安が入り混じっていました。しかし入社後、研修や業務を通じてそうした不安は徐々に解消され、困った時に気軽に相談に乗ってもらえる環境、日常業務の中での何気ない感謝の言葉がモチベーションにつながっています。

技術者として成長できる会社

製造業に関係する分野が全般的に備わっていること、当社の魅力はそこにあると感じます。私と同じように製造業に就職している友人は多くいるものの、当社のように多くの製造工程が備わった会社はあまり耳にしません。現場に足を運び、実際に物を見て知ることができます。実際に作業を行っている人と話をしながら、製造側の意見を取り入れて図面に展開することもできます。

 

技術者として成長できる会社にあって、今後はお客様から当社に発注して良かったと言ってもらえる回数を増やしていきたいと思います。実現するためにはもっと幅広く知識・技術を身につけ、お客様が何を求めているかつぶさに耳を傾け、展開することが大事です。一方、社内の現場の方が製作しやすい製品にしていくことも重要。お客様と当社の現場、お互いにとってより良いものづくりをしていければと思います。

07:00

起床

07:15

朝食、出社準備

08:00

出社

08:30

始業

メール確認

09:00

手配業務。図面作成者より上がってきた図面を確認

10:00

資料作成。お客様へ提出する書類の作成

11:00

組立中の物を現場で確認

12:00

昼食

弁当持参で机で食べる

12:45

5S。机周辺の清掃

13:00

図面作成担当者と打合せ。作図する内容について詳細事項の確認を行う

15:00

グループミーティング。グループ内で連絡事項を確認する

16:00 

メーカー来社。こちらより問合せている内容について回答を頂く

17:15

定時

18:00

残務整理。業務時間内に処理できなかった書類作成、メール確認を行う

18:30

退社

2010年

入社

入社後、広島製作所内で研修。技能道場で機械に関する技術について学ぶ。
9月に機械生産部企画グループに配属。

2011年

異動

1月に生産部調達グループに異動。

2013年

異動

12月に樹脂加工機械部樹脂加工機械設計グループに異動。押出機の設計業務を担当。

2016年

異動

3月に樹脂加工機械技部樹脂加工技術グループに異動。