マルチ2はありません

広島製作所

生産部 機械組立グループ

(事業所採用・広島製作所)

 

仕事に対する姿勢が変わる出来事

私はリチウムイオン電池内のセパレータフィルムと呼ばれる部材や、ペットボトルのラベルなどを製造するフィルムシート製造装置の組立、並びにお客様工場に出向いて新規装置の据付作業、既設装置のメンテナンス、改造工事を行うやスーパーバイザーを担当しています。これら業務は繰り返し同じ部品の組立や据付を行うライン生産ではなく、個々の装置特性を考慮した精度が求められるため、測定具を使用して1/100(0.01㎜)単位の調整作業も行うところが特徴の一つです。

もともと高校から大学にかけて工業系の内容を中心に学んでいたこと、機械を組み立てることが好きだったこともあり、組立に携わる仕事に就きたいと考えていました。大学時代の先輩からの紹介で当社を志望し入社後今の部署に配属されました。

 

機械組立グループは周囲の先輩方も優しく接してくれ、仕事で困ったときや相談事項などがある際にも質問しやすい職場だと感じていますが、入社して間もない頃は、あまり考えることもせず、ただ何となく業務をこなしていくだけになっていました。しかし、そんな様子を見られていたのか、あるとき職場の先輩から「もっと一つひとつの仕事に対してどうやったら効率よくできるか考えなさい」といわれ、ハッとさせられました。今では作業一つとってもどのようにすれば効率よくできるのか、そのために必要なことは何かというところまで考えるようになり、仕事に対する姿勢を変えるきっかけとなったこの一言は今でも忘れられません。

世界各地でJSWのものづくりに携わる日々

当社がグローバルに製品を展開していることは入社前の説明会等で知っていましたが、自分が働く環境は工場においては海外との関わりは少ないのではと思っていました。しかし、そのイメージは入社後見事に覆されました。あまりに遠い世界の話で自分には無縁と思っていた海外出張を経験することとなったからです。

 

今の部署に配属されて組立実習や職場でのOJTを終えたのち、先輩社員に付いていく形で初めての海外出張を経験しました。海外に馴染みがなかったため、現地では右も左もわからない状態でしたが、先輩方が海外で生活するためのノウハウや現地での食事面など一から丁寧に教えてくれ、サポートしてもらったこともあり、何とか乗り切ることができました。最初の頃は出張先の食事や環境が合わず、辛いと感じることもありましたが、現地の作業者やお客様との交流など、学生時代にはない経験をしていると感じるとともに、なにより自分が携わった製品の完成を間近に見ることができることは大きな魅力です。さらに、据付やオーバーホール工事が無事に完了した時には達成感や充実感を味えたことは、私の財産となっています。

 

これからも製作所内だけにとどまらず、世界各地の納入先に出張することになるかと思いますが、今まで以上に知識を増やし、様々な場面で活躍できる人材を目指していきたいと思います。

06:30

起床

06:45

朝食、身支度

07:50

出社

08:30

始業

朝礼、作業前KY活動(同じ作業をする人たちと危険項目を出して対策を考える)

08:45

組立作業開始

12:00

昼休憩

同期と食堂で昼食を食べる

13:00

組立作業の継続

17:15

定時

17:30

残務整理/退社

20:30

夕飯

23:00

就寝

2017年

研修を経て広島製作所の組立グループに配属。

先輩社員に教わりながら機械の組立を行う。

2019年

海外出張

年に2回程中国に出張(期間は1.5か月程)

 

2020年

海外出張

年に1回程ハンガリーに出張(期間は1.5か月程)