0%

JSWJSW STORYSTORY

Top Message「ものづくり」と「価値づくり」で
安定成長企業を目指して。

当社は、1907年の創業以来「ものづくり」と「価値づくり」を追求し、最先端の技術力により社会の発展に寄与してまいりました。どんな時代でも国内外のお客様の要求に応える我々のチャレンジ精神は不変です。

「何事も最善をつくせば、道は開ける」私はこの言葉を大切にしています。諦めないで立ち向かえば、必ず道はひらけると思っています。立場を超えて議論をし、そして兎に角やってみる、この精神が当社の将来を築いていきます。

「ものづくり」と「価値づくり」で安定成長企業を目指し、「買い手よし(顧客満足)、売り手よし(従業員満足)、世間よし(社会的責任遂行)、そして株主よし(株主満足)」の四方よしの精神で皆様のご期待に応えるべく全力を挙げてまいります。

株式会社日本製鋼所
代表取締役社長

宮内 直孝

日本製鋼所のシゴト

JSWの
ビジネスフィールド

JSWは、発電、石油精製、天然ガス等のエネルギー産業向けを中心とする「素形材・エネルギー事業」と、
樹脂機械製品、プラスチック成形機等を核にITや防衛など多様な製品を擁する「産業機械事業」を2つの柱に、
社会の最先端のニーズに応えるものづくり企業です。

市場を創る
ものづくり

JSWのものづくりは、
同じ製品を大量に製造するというものではありません。
当社のお客さまもまた、ものづくり企業様。
当社が手掛けるのは、お客さまであるものづくり企業様が
製品を世に送り出すために必要な機械や装置を開発し、
お客さまの最初の一歩をお支えする仕事です。

常に前例のない「ものづくり」への挑戦が
JSWの「価値づくり」。言うなればJSWの仕事は
「市場を創るものづくり」に他なりません。

動画

Innovation / Market Creation
  • はじまりは、海外との
    先駆的ジョイントベンチャー。

    北海道炭礦汽船株式会社と英国アームストロング・ウイットウォース会社、ビッカース会社の3社共同出資により設立。本社及び工場を北海道室蘭に。兵器の国産化という課題を解決する国家的事業としてスタートし、素形材と機械製品の技術・技能を高めていきました。

  • 優れた鋼づくりの技術を、
    一般産業に向けて。

    戦後は兵器製造により培った技術・技能を活かして民需へ転換。
    発電/化学工業/製鉄/造船などの分野へ事業を展開し、
    民生企業としての基盤を固めていきます。
    また、高度成長期へと至る時代のニーズを的確に見抜き、海外から最新技術を導入して射出成形機の製造・販売を開始するなど、高い先見力で現在の総合プラスチック機械メーカーとしての礎を築きました。

  • 素材とメカトロニクスの
    総合企業として
    産業のあらゆる領域へ。

    高度成長期には、長年にわたり蓄積してきた鍛造・溶接技術が国内はもとより海外においても高く評価されるようになりました。クラッド鋼管の需要伸長や石油精製圧力容器の海外展開が拡大するとともに、特殊鍛練法を開発して原子力圧力容器部材の一体鍛造に世界で初めて成功するなど、高い独創技術を確立し世界の発電インフラ向け受注を拡大させていきました。

  • 産業機械事業を成長の牽引役に、
    新たなJSW像の確立へ。

    ICTの普及などにより産業構造が変化するなか、
    大型造粒機や二軸混練押出機、フィルム・シート製造装置や射出成形機をはじめとする樹脂機械が大きく伸長し高い市場シェアを獲得しています。産業機械事業を成長の牽引役に、世界トップの総合プラスチック機械メーカーとしてさらに大きく飛躍しようとしています。

日本製鋼所のモノづくり

Core Competence時代を先駆ける「最初の一歩」を支える
JSWの
コアコンピタンス

JSWに求められる「市場を創るものづくり」は、前例のないものづくりへの挑戦でもあります。

  • 丈夫なもの、壊れないもの、良いものをつくるものづくり企業としての確かな「技術力」。
  • 時代の流れやニーズを的確に見抜き、前例のないものにも果敢に取り組む「先見力」。
  • そして、高い技術力と専門性を背景に新技術を確立し、新たな市場を拓く「イノベーション力」。

この挑戦を可能にするのは、
創業来長い年月をかけて築き上げてきた、JSWならではのコアコンピタンスです。
日本企業ならではのこだわりや高い技術要請に絶えず応え続けてきたからこそ培われた強みが
強固な顧客基盤をつくり、お客さまが最初の一歩を踏み出すパートナーとして
選んでくださる所以となっています。

技術力・先見力・イノベーション力

ものづくりNo.1
グローバル企業への

道を支える
究める力」。

室蘭、広島、横浜―
JSWが誇る最新鋭の生産設備を備えた3つの生産拠点では、
今日も多くのスペシャリストたちが技術革新への挑戦を続けています。
究めるのは、お客さまの信頼に応える世界トップレベルの「品質」。
技術No.1へのこだわりこそが、JSWのプロダクト・マインドです。

  • 室蘭

  • 横浜

  • 広島

  • 室蘭室蘭

  • 横浜横浜

  • 広島広島

社会に貢献できる技術力

高機能で優れた製品をつくるのは、ものづくり企業にとって当然のこと。
JSWが見据えるのは、そのもう一歩先。

どうしたら環境への負荷が少なくなるのか。
どうしたらもっと世の中に貢献する製品を生み出すことができるのか。
環境負荷を低減する製品や環境保全に留意した生産活動を通じて、
当社が究めようとしているのは、
社会全体の利益に結びつく「真の技術力」です。

  • JSWの
    環境負荷低減製品
    (一例)

  • 電動射出成形機

    従来の油圧式に比べ
    ・成形質量のばらつき:80%向上
    ・消費電力(1/2~1/3)

  • クラッド鋼管

    クリーンエネルギーとして需要が
    期待される天然ガスの輸送管

  • フィルム・シート製造装置

    EVに搭載される高容量
    リチウムイオン電池の普及に貢献

  • 水素ステーション用蓄圧器

    燃料電池自動車(究極のエコカー)
    のインフラ整備に必要な製品

ものづくりの
DNAを受け継ぎ、

ものづくりを支える人財力

優れた製品を生み出すために最も不可欠なのは、機械でもシステムでもなく、
ものづくりのDNAを受け継いだ「人財」に他なりません。
JSWの生産現場では日々、革新技術やより良い製品づくりに情熱を傾ける
多くのスペシャリストが活躍しています。

  • 詳しく見る

  • 詳しく見る

  • 詳しく見る

  • 詳しく見る

  • 詳しく見る

  • 詳しく見る

日本製鋼所のミライ

「ものづくり」&「価値づくり」
で安定成長企業を目指す

JSWの四方よし経営

企業というものは自社の利益やお客さまの満足だけを考えていては持続的に成長していくことはできません。
JSWはものづくりと価値づくりで安定成長を目指すとともに、
「買い手よし(顧客満足)、売り手よし(従業員満足)、世間よし(社会的責任遂行)、株主よし(株主満足)」の
四方よしの精神をミッション(使命)とし、
「独創技術で変化を創り出し社会の発展に貢献する企業」となることを目指しています。

目指すべき
企業像
独創技術で変化を創り出し社会の発展に貢献する企業

買い手よし・売り手よし・株主よし・世間よし

確実な成長に向けた
次の10年。

JSWでは、新たな成長基盤の整備を基本方針とする中期経営計画「JGP2020」を進行中です。
将来にわたり持続的な成長を実現していくための基盤として、
素形材・エネルギー事業では安定黒字化と成長機会の発掘・育成を、
産業機械事業では事業領域を拡大していくための
種蒔きと育成を念頭に入れた攻めの経営を推進していきます。

FY2030

産業機械セグメント

素形材エネルギーセグメント

~JGP2017 → JGP2020 → 安定した事業ポートフォリオへ

今後期待される
成長領域

JSWの先端技術のルーツは鋼づくりにおける素材開発の基礎技術、応用技術、
そして産業機械の開発で培ってきたメカトロニクス技術や制御技術です。
時代が大きく変化するなかで、当社が求められるビジネスフィールドは
さらに広がっています。

  • Home
    Appliances

    家電

  • IT

    情報技術

  • Automobile

    自動車

  • Life

    生活

  • Medical

    医療

  • Aircraft

    航空機

  • Hydrogen

    水素

  • Crystal

    結晶

  • Deposition

    成膜

市場を創る
ものづくりで

未来を変える。

ものづくりとひと口に言えど、企業ごとに特徴や役割は異なります。
JSWのものづくりは「市場を創るものづくり」。

「もっと良い製品をつくりたい」
「世の中を変えるイノベーションを起こしたい」
そんなお客さまの想いに寄り添い、
最初の一歩を共に踏み出すパートナーとなることが当社の役割であり、
どこにも真似のできないJSWの価値でありたいと考えています。