株式会社日本製鋼所(以下、「当社」)は、当社の100%出資の連結子会社である日本製鋼所M&E株式会社(以下、「M&E」)に水素ステーション用高圧蓄圧器(以下、「蓄圧器」)および水素吸蔵合金を用いた低圧水素貯蔵タンク(以下、「MHタンク」)の事業を2021年4月1日付けで譲渡することを決定いたしましたのでお知らせいたします。

1.背景および目的
当社は、新事業推進本部において蓄圧器およびMHタンクの事業化に取り組んできましたが、水素関連市場拡大の流れを受け、これまでに各種圧力容器や耐水素脆化材料の製造で実績のあるM&Eにこれら製品の事業を譲渡することで更なる事業分野の拡大を進めてまいります。

2.本件譲渡について
当社が保有する蓄圧器およびMHタンクに関係する知的財産権および契約の一部、ならびに当社が保有する資産、負債の一部をM&Eに承継させます。

3.日本製鋼所M&E(株)(譲受会社)の概要
商号        :日本製鋼所M&E株式会社
代表者    :岩本隆志
本社所在地    :北海道室蘭市茶津町4番地
設立年月日    :2020年4月1日
事業内容    :各種鋳鍛鋼製品やクラッド鋼板・鋼管製品を中心とする素形材・エネルギー事業および
エンジニアリング事業
資本金        :4,000百万円
従業員数    :1,450名

以上