人と地球の未来のために

    持続可能で豊かな社会の実現に貢献する『Material Revolution』

1907年日本製鋼所は「鋼」作りからスタートしました。当時の社会が求めていたものそれは優良な「鋼」でした。日本が産業技術の向上を図り欧米に追い付こうと国を挙げて努力していた時代に求められていた普遍的な価値が「鋼」であったのです。当時変わることのないと思われていた価値は明治、大正、昭和、平成、令和と移り創業から120年を迎えようとしているこの時代大きく変わってきています。

 

「自然資本」の価値が重視され、気候変動リスクを回避するために、より軽量で環境負荷が低い素材が求められています。当社は戦後いち早く軽量素材である「プラスチック」に着目し、プラスチック用各種製造装置を世に出しました。今、世界はカーボンニュートラルを目指しさらに軽量、高機能で省エネ性に優れた新たな素材を必要としています。

 

一方で廃棄プラスチックによる海洋汚染は大きな社会問題であり、その解決に向け廃棄プラスチックを活用した循環型社会の実現も世界共通の課題です。

当社は新素材と社会実装のための産業機械を開発し、『Material Revolution(材料革命)』を通じて社会課題を解決する「価値」を提供し続け、持続可能な豊かな社会の実現に貢献して参ります。

 

 

今後ともご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社日本製鋼所
代表取締役社長