2018年度における事業のセグメント別の状況を掲載しています。

産業機械事業

受注高は、樹脂製造・加工機械およびFPD装置が減少したことから、1,757億57百万円(前年同期比5.6%減)となりました。

 

売上高は、樹脂製造・加工機械及び成形機が増加したことから、1,736億48百万円(前年同期比2.8%増)となりました。

 

営業利益は、売上は増加したものの売上製品構成の変化などにより、前年同期並みの235億99百万円(前年同期比0.4%減)となりました。

主要な事業内容

樹脂製造・加工機械

樹脂製造・加工機械(造粒機、コンパウンド用押出機、フィルム・シート製造装置等)の製造・販売・保守サービス

成形機

プラスチック射出成形機、中空成形機、マグネシウム合金射出成形機の製造・販売・保守サービス

FPD装置

電子部品・ディスプレイ製造関連機器(レーザーアニール装置等)の製造・販売・保守サービス

その他

圧縮機、油圧機器、鉄道用連結器・緩衝器、防衛関連機器等の製造・販売・保守サービス

主要な製作所

広島製作所・横浜製作所

設計、鋳造、機械加工、設備保全・エネルギー管理、機械部品製作、機器据付サービス、保安管理・福利厚生/各関連・子会社

受注高・売上高・営業利益

(単位:億円)
2018年度
受注高 1,757
売上高 1,736
営業利益 235

素形材・エネルギー事業

受注高は、電力・原子力製品が減少したことから、341億23百万円(前年同期比20.7%減)となりました。

 

売上高は、電力・原子力製品が減少したものの、クラッド鋼板・鋼管が増加したことから、412億51百万円(前年同期比13.7%増)となりました。

 

営業利益は、売上高の増加や固定費の圧縮などにより、26億76百万円(前年同期は営業損失10億19百万円)となりました。

主要な製作所

室蘭製作所

設計、製造(鋳造、機械加工、圧延、溶接)、設備保全・エネルギー管理、輸送、検査、保安管理・福利厚生/各関連・子会社

受注高・売上高・営業利益

(単位:億円)
2018年度
受注高 341
売上高 412
営業利益 26