用途別取り扱い分野

日本製鋼所は1958年にフィルム用押出機1号機を世に出して以来半世紀にわたり、お客様の満足を見据えた機械を送り出しています。

一般包材、液晶関連、更に近年注目が高まっているエネルギー関連の機能材料など現代社会にとって不可欠な製品の製造に使用されています。