2020年3月11日

 

 当社が提案するIoTソリューション「J-WiSe」に、プラスチック製品成形工場の生産性向上を支援する生産管理システムJ-WiSe 『Production Manager』が加わり、この度販売を開始致しました。従来、成形現場における生産実績管理は手書きの作業日報が主流となっていますが、近年では品質管理の定量化や省力化のニーズが高まり、簡単な操作で生産実績情報を正確に自動収集する管理システムが求められていました。このようなニーズに対応するため、J-WiSe 『Production Manager』は、信頼性の高い実績データを簡単な操作で収集・管理・分析できる安価なアプリケーション・ソフトウェアとして、成形工場の生産性・品質の向上に貢献します。

㈱日本製鋼所

 

<主な特長>

1. 生産計画の立案と稼働状況の監視・・・・・・・・【生産性向上(生産効率UP、生産稼働率UP)】

   高品質かつ安定した射出成型品の生産には可能な限り射出成形機を連続稼働させることが理想です。従来、熟練管理者が生産予定品目や機械の稼働状況を考慮し、生産計画を立てるケースが多く、各種管理項目がデジタルデータとして残らないためノウハウの共有・継承が課題となっています。本ソフトウェアで生産計画を立てることによりデジタルデータとして生産実績が残りノウハウの共有が可能となると同時に、蓄積した履歴データを比較・分析することで、生産計画の現状及び課題を的確かつ簡明に把握することが可能になります。

 

2. 実績管理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・【情報共有、時間短縮、省力化】

   手書きによる作業日報は、外国人労働者の言語障壁や実績データをパソコンに取り込むための作業時間が課題となっていますが、生産実績・不良数が自動で収集されるため、実績管理のための人員・時間の削減が可能となり、管理者はさらなる生産性の向上のために時間を使うことができるようになります。

 

3. 生産進捗を可視化・・・・・・・・・・・・【効率化、ボトルネックの早期発見・早期対応】

   本システムの導入により、離れた場所では難しかった生産の進捗状況の即時把握が可能となり、進捗遅れ、機械停止の早期対策につながります。

 

   生産工場のIoT化の潮流の中、人材不足対策、コスト削減、生産効率化などの要求に対応するため、工場や成形工程全体の「見える化」を要求するお客様への需要拡大を見込んでいます。

   当社は、電動射出成形機のリーディングカンパニーとしてお客様のニーズに応えると共に、次世代射出成形機に求められる様々なIoTソリューションの提案をしてまいります。

 

※J-WiSe:JSW Worldwide IoT Solutions of Enhancement

※販売価格:新規導入の場合95万円(税別) 当社NET100を導入済の御客様は75万円(税別)

 

<問い合わせ先>

          株式会社日本製鋼所 経営企画室 広報グループ TEL:03-5745-2012

 

補足情報

 

<対象機種と名称>

  ・対象機種: J-EL3、J-AD、J-ADSシリーズ  

  (特殊射出成形機、竪型射出成形機は対象外)

 

・J-WiSeは、当社が開発したIoTソリューションの総称で、射出成形機に対して4つの柱(生産管理、サービス・保全、運転支援、生産自動化システム)を掲げ、お客様の生産性向上に寄与するソリューション提供を目指しています。


 

<生産管理画面(例)>

news_20200311_1

生産計画立案、稼働監視を実現するガントチャート機能

 

news_20200311_2

生産計画進捗可視化を実現する行灯機能